ヘアサロンの店舗の内装工事・リフォーム 坪当たりいくらが相場か

 
 
飲食業・美容院・接骨院・一般企業の新規開業・開店サポート

日本政策金融公庫の創業資金の 融資
全国対応

お問合せ
岩崎税理士事務所
無料電話相談 
神戸 078-392-8277
受付 平日 9:00~17:30 
まずは今すぐお電話を!
全国対応

無料相談をする理由

  

ヘアサロンの内装工事 坪当りの相場

ヘアサロンの内装

 

店舗内装工事を成功させるために

店舗の内装計画で大切なことは、大きく分けて2つあります。

  • 「内装イメージをはっきりさせること」
  • 「明確な予算を決めること」


内装イメージをはっきりさせる

サロンコンセプトから、頭の中にはお店の内装イメージができていると思います。
 
希望のお店を作り上げるには、その「こんな内装にしたい」というイメージを、きちんと内装業者に伝えることが大切です。
 
イメージを明確にして業者にきちんと伝えるために、以下の2つを業者に渡すとよいでしょう。

  1. 完成後のイメージの手書きスケッチ
  2. 完成後のイメージに似たお店の写真や画像のスクラップ
 

参考になる絵や写真があるのとないのでは、内装業者とのイメージのすり合わせも大きく違ってきます。
「どういうお店にしたいのか」「どういう雰囲気にしたいのか」を業者に明確に提示することが出来るので非常にメリットが大きいです。
 
ただ注意してほしいのは、実際の内装デザインは物件により左右されてしまうということ。
自分が提示したイメージそのままに実現するのは難しいです。
 
あくまで「こういうイメージのお店が持ちたい」というお店のポリシーを内装業者に伝えることが目的で、「こういう内装にしろ」と伝えるのではありません。

実績、ノウハウのある内装業者に依頼する!

内装業者にもおのおの専門分野があります。
たとえば飲食店の改装が得意な業者に美容室の工事を依頼して場合は、仕上がりはそれなりに見栄えも良くキレイでも、使い勝手において不便、不満な点が必ず出てきます。

施術台と施術台の間がやたら狭かったり…
待合室のスペースが考えられてなかったり…
レジカウンターがやたらと小さかったり…
スペースの有効利用ができてなかったり…

 
レジカウンターひとつを比べてみても、飲食店の場合は、お金の精算用だけを目的としていますが、サロンではその上でお客様に次回のご予約確認をとったり、理美容アイテムのセット販売をしたりもします。
ですから、ある程度の広さが必要になります。
 
それがどれくらいの大きさであればよいのかが、サロン内装を多数手掛けた業者であれば、だいたいの基準がわかりますが、飲食店ばかりをやってきた業者ではそれがわかりません。
こういった細かい問題点が、お店を営業するにしたがい、必ず発生してきます。
今回がはじめてのお店作りの場合、何も分からず、ついつい業者のいわれるままに仕様を決めてしまいがちです。
 
開店後に後悔しないよう、実績のある内装業者に依頼しましょう。

明確な予算を決めること

内装工事は最初の予算通りに収まらない場合がよくあります。
 
いざ工事をはじめてみて、「天井裏に予想外のジャマな柱が通っていたから電気工事の追加工賃が○○円必要ですが…」と予期しない費用がかかったりします。
悪質な業者になるとなどは、完成した後で請求書に「差額工賃○○円」と、いきなり請求してきます。
 
予算枠いっぱいで工事を発注していた場合、そのような事態になると予想外の出費をお店の運転資金から捻出することになります。
 
そんなことのないように、あらかじめ
「予算の限度額は○○○万円でこれ以上はビタ一文支払えません!」
と業者にハッキリ伝えておくべきです。
 
それだけ言ってても最終的にいくらかの差額が出るコトもよくあります。
できればあなたの予算の9割くらいをメドに限度設定をしておきましょう。
 
内装工事では、一般的に市販されている商品のように明確な価格(定価)はありません。
基本的には坪あたりの単価で計算されます。
 
使う材料やデザイン、店舗の種類・業態によっても異なりますが、あえて相場をいうならば…
 
1坪あたり、40万円
これが、サロンの内装工事の価格相場だと覚えておいて下さい。
 
シャンプー台やセット面が多く必要であれば、40万を超える場合もありますし、エステサロンのように施術ベッドのみであれば費用は当然下がるかもしれません。
 
この金額でなければいけないということではなく、「1坪あたり40万円」をおおよその基準価格として考えていただければ十分ということです。
平均の価格相場を頭に入れておいて、見積書判断の目安としてください。

立地別サロン内装のコツ

サロン店舗をどこに構えるかで、店舗内装のデザインを考えるポイントも異なってきます。
もちろん、サロンコンセプトに基づいて立地条件を考えたうえで、店舗物件を探すわけですから当然といえば当然です。
 
それでは、店舗物件の立地条件別に内装設計の抑えるべきポイントをまとめます。

立地別の目指すべき内装

 
駅周辺、繁華街
通行客数も多いためフリー客の来店を見込んだ内装
 ⇒ 明るく開放的でセンスのよい店舗
 
住宅街、郊外
地域住民を中心とする固定客を取り込む内装
 ⇒ きめの細かい付加サービス(着付け・美容院ならエステを追加等)も
 
ビジネス街
働く女性、OLをターゲットとした内装
 ⇒ 高級感を持った内装デザイン
 
学生街
学生や若者をターゲットとした内装
 ⇒ 低価格で高回転できるように動線重視
 
また、内装デザインと同様に、店舗のコンセプトに合わせて、従業員の年齢構成や技術、ファッションセンスも十分に配慮していきましょう。

 

 

これは、ヘアサロンの内装工事・坪当りの相場のページです