飲食店の厨房設備・厨房機器・備品の調達は?開業の際に

 
 
飲食業・美容院・接骨院・一般企業の新規開業・開店サポート

日本政策金融公庫の創業資金の 融資
全国対応

お問合せ
岩崎税理士事務所
無料電話相談 
神戸 078-392-8277
受付 平日 9:00~17:30 
まずは今すぐお電話を!
全国対応

無料相談をする理由

 

飲食店の開業の際に、厨房設備・厨房機器・備品の調達は?

小さなお店、飲食店の厨房設備と備品代

 

開業時に厨房設備と備品に掛かるお金についてです。
 
何が必要でしょうか?
冷蔵庫(コールドテーブル)、製氷機、ガスレンジ、電子レンジ、オーブン、サラマンダー、作業台、フライパンに鍋、レードルにホイッパー、バットにボールにザル・・・
 
やりたい飲食店の形にもよりますが、それこそ上げればキリがないと言いますか、厨房機器や道具はあればあるほど便利ですもんね。
 
とはいえ、個人で小さな飲食店を始める場合、限られたスペースに限られた予算で厨房設備を作らなければなりません。

中古の厨房機器も活用

中古の厨房機器の販売店は金銭的に助かりますので是非活用してください。
いろいろなものが安く手に入りますし、まずここを見てから考えるのがお勧めです。
 
ただし、冷蔵庫などは注意が必要です。
モーターを使っているものはやはり、年月がたつと壊れます。
中古厨房機器屋さんが、割と長く保証してくれるのでなければ新品を購入したほうがよいかもしれません。
 
ガス台や、作業台、シンク、バットやボールなどは規格が合えば中古でも問題ないと思います。
 
必要と思われる厨房機器、備品をノートに全部書き出し、中古厨房機器屋さんでまずは、それぞれの金額をメモしてくるのがお勧めです。

厨房機器の定価は実際の販売価格とかなり違う

業務用の冷蔵庫、定価が70万円のものがあったとします。
これを70万で買う人はいません。
新品であっても、半分以下ぐらいで買うのが普通です。
もちろん全ての物がそうではありませんが、厨房機器の定価は実際の販売価格とはかなり違います。
 
実際に、お店で見たり、ネットで見て相場を知る。
でないとそのものが高いのか安いのかさえ判断できません。

細かい備品や消耗品

細かい備品、消耗品などは100円ショップを使います。が、結構100円ショップには100円以下で買えるものもおいているので注意が必要です。
 
そんな細かいことまで見てられないよ!と思われるかも知れませんが、消耗品などは長い目で見れば、その分経費が削減できるので、そういう意識と言いますか、癖みたいなものをつけておくとよいと思います。
 
小さなお店とはいえ経営者なのですから・・・そこが経営者の利益となるのです。
 

 

これは飲食店の開業の際に厨房設備・厨房機器・備品の調達は?のページです