イタリア料理・イタリアン・フランス料理店・フレンチなど飲食店の開業資金の融資。
日本政策金融公庫・信用保証協会の創業資金の借入れに多数の実績。

 
 
飲食業・美容院・接骨院・一般企業の新規開業・開店サポート

日本政策金融公庫の創業資金の 融資
全国対応

お問合せ
岩崎税理士事務所
無料電話相談 
神戸 078-392-8277
受付 平日 9:00~17:30 
まずは今すぐお電話を!
全国対応

無料相談をする理由

 

イタリア料理・フランス料理店・イタリアン・フレンチなど飲食店の開業資金の融資

イタリア料理店の開業資金調達の成功例

 

成功事例 ~イタリア料理で開業希望~

 
イタリア料理店を開業したいと、わたしのところに来社されました。
35歳の料理人の方。奥様も子どもさんもおられるとのこと。


田中さん: 今度大阪市の○○にイタリア料理店を開業しようとしてるんですよ
私: ほっほっ~ どんな店ですか?
田中さん: 高校出てからずっと料理人をやっていたのですが、イタリア料理に魅せられましてね。特に半年前まで留学でイタリアに行ってたんです。


よくよく聞いてみると32歳で結婚してすぐ子どもが生まれ、元々300万円あった貯金が現在150万円になってしまったらしいのです。


私: すると資金調達が先ってことですか?
田中さん: そうなんです。私の貯金が150万円、親から借りるのが500万円、嫁が働いていた時代の貯金が250万円 合わせて900万円。
しかし・・・私がやりたい店は3000万円必要なんです。


結局、政府系金融機関や銀行から合わせて残りの2100万円を借りる手だてを考えてくれ、というのが具体的な相談のようでした。
 
それにしても自分で調達したのが資金(=自己資金)が150万円だけで、ほとんど他人から借りて3000万円を調達しようなどとは大胆不敵 と心の中で思いました。
これだけの資金を調達(といえば聞こえはいいが実際はただの"借金"なのですが)しても、店舗経営に200%の自信があるのだろうか?


私: どんな店を作るのですか?
田中さん: 実は、どうレイアウトするかのおおまかな平面図もつくっているのですが・・・


すぐに図面を出してこられて、説明を始められました。
完成のイメージとしての雑誌写真まで切りぬいてもってこられている。
その思い入れは凄いものがあることはわかりました。


私: どの場所でやるのですか?
田中さん: 大阪市内の○○○美術館の近くで。あそこで美術館で美しい絵画を見て、いい気分になられたお客さん方がそのまま来てもらいたいのです。意外にもあの美術館の近くには良い気分を余韻を楽しむにふさわしい食事をする場所がないのです。


確かに、あの場所はわたしも行ったことがあるが、人通りが多い割に周りに店らしいものがないのは知っています。


田中さん: 本当の意味でのイタリア料理を出そうとしたら最低これだけの高級感ただよう空間が必要なんです


本人のこだわりを真っ向から否定するわけにはいかない。
それからしばらく「なぜ高級感がなかったらダメなのか」ということを質問をしてみましたが、イマイチ(わたしにとって)説得力のあるものではありませんでした。
 
2時間延々と田中さんのこだわりを聞かせてもらった上で、思い切ってわたしは思っていることをそのままぶつけてみました。


私: お話を2時間くらい聞かせていただいても、やはり、これだけ高級感があるような内装リフォームする必然性があるとは思えないのですが。
半分の1500万円で何とかできるように考え直してみませんか?


身内から借りて出世払いでいいお金が750万円もあるのだから、倍くらいの1500万円というのであれば、書類をかなり作りこめば何とか政府系金融機関から借りれるケースもある。
(なんとか予算を減らしてもらうやりとりがかなりハードなものでしたがここでは割愛します)
結局、それでも日本政策金融公庫(こっきん)だけでは1500万円を調達することを前提にしているとリスクがあるので、大阪府の制度融資にもチャレンジしてもらうことにしました。


書類作成は、当社が中心になって作っていきました。
事業計画書の作成にあたって

  • なぜこれだけの開業融資がなんとしても必要なのか
  • 店をオープンすれば利益が十分出て十分返済出来る
  • 親や夫人の貯金分も自己資金である

ということを説得力もって、しっかり書き込んだことは言うまでもありません。
 

結局、日本政策金融公庫(こっきん)から1400万円、大阪府の制度融資で1200万円、合わせて2600万円を借りることができました。

 
ポイント

  • 開業資金を今より低く抑えることが出来ないか熟考すべき。
     「これだけの額がないと絶対開業できない」という思い込みも再検討すると修正できるケースは少なくない。
  • 親兄弟や夫人が貯金していた分でも融資申請書類の表現のしかたで自己資金となる可能性がある。
  • 開業融資を受けられる可能性があるのはこっきん(日本政策金融公庫)だけではない。 

 

 

 ※ もっといろんな情報を知ってから、という方 → パソコンの方は右サイドの、スマホの方は下のメニュー一覧の中からお知りになりたい項目をクリックください 

 

これは、イタリア料理・フランス料理店・イタリアン・フレンチなど飲食店の開業資金の融資の事例のページです