ラーメン屋・焼肉屋などの飲食店は極力、小さな資本で開業すべき

 
 
飲食業・美容院・接骨院・一般企業の新規開業・開店サポート

日本政策金融公庫の創業資金の 融資
全国対応

お問合せ
岩崎税理士事務所
無料電話相談 
神戸 078-392-8277
受付 平日 9:00~17:30 
まずは今すぐお電話を!
全国対応

無料相談をする理由

 

ラーメン屋・焼肉屋は小さな資本で開業

なるべく小さな資本で

 


飲食店が軌道に乗るには、時間がかかる

飲食店を開業するには、個人経営の小さなお店といえども、ある程度のお金がかかります。
 
全部、自己資金でまかなえればそれにこしたことは無いのですが、日本政策金融公庫の国民生活事業(旧国民生活金融公庫)のデータですと、開業資金総額の自己資金の割合は30%となっています。
 
飲食店が軌道に乗って、資金繰りが安定するまでにはそれなりの時間がかかります。
借り入れ金額が多いと、資金繰りが苦しくなり、心に余裕が無くなってしまいます。
 
精神的な余裕がなくなると、いろいろなことをちゃんと判断できなくなってしまいます。
お店を経営しなければならないのですから、それは避けたいですよね。

知恵を絞って開業資金を節減する

開業資金が必要なのは、設備資金や運転資金が必要だからです。
その必要な設備資金を節減すれば、その分、開業資金は減ります。
 
必要な開業資金を100万円調達する代わりに、知恵を振り絞って100万円支出を抑えます。
 
これができれば、返済額も減りますし返済のコスト(支払利息など)の削減にもなります。

少しづつお店を作り上げるのも楽しい

お金をかければ良いものができるかも知れません。
ですが、個人経営の小さな飲食店、なるべく小資本で始められれば、それにこしたことはありません。
 
資金繰りが順調になってからでもお店はいじれますからね。
少しづつお店を作っていくというのは、ひとつの楽しみでもあります。
 

 

 

 ※ もっといろんな情報を知ってから、という方 → パソコンの方は右サイドの、スマホの方は下のメニュー一覧の中からお知りになりたい項目をクリックください 

 

これは、ラーメン屋・焼肉屋は小さな資本で開業すべき!のページです