日本政策金融公庫の融資がダメだった場合、再申請,再審査はどれくらいの期間を空ける?

 
 
飲食業・美容院・接骨院・一般企業の新規開業・開店サポート

日本政策金融公庫の創業資金の 融資
全国対応

お問合せ
岩崎税理士事務所
無料電話相談 
神戸 078-392-8277
受付 平日 9:00~17:30 
まずは今すぐお電話を!
全国対応

無料相談をする理由

 

再申請,再審査はどれくらいの期間を空ける?日本政策金融公庫の融資がダメだったケース

融資がダメだった場合

 

できるだけ1回で融資を勝ち取る

「日本政策金融公庫」及び「保証協会」への融資申請ですが、できれば一度で融資実行を勝ち取るようにしてください。
「日本政策金融公庫」や保証協会」は、一度目に断られて、すぐに再申請するのを嫌います。
 
毎日、相当数の融資申請が窓口にきます。
彼等もあまり無駄な事はしたくないという感情になったとしても当然です。
 
日本政策金融公庫では、
「一度目の申請から6ケ月経たないと再申請は受け付けない」という原則が有ります。
あくまで原則ですが。
 
ですから一度目の申請で融資実行を勝ち取らなければいけません。
 
ただし、一度ことわられたからと云ってあきらめる必要は有りません。
断られた原因によります。


最初から問題にならない場合

 
○ 自己資金がまったく不足している。
○ 自己資金の出所が怪しい。見せ金の疑いが有る。
○ その事業と経歴がまったく合致していない。
○ 多額の消費者金融からの借りいれがある。
○ 税金の滞納があり、払える見込みが無い。
○ その事業の内容が分からない。見通しがつかめない。
 
などと云った理由で断られた場合は、再申請しても無理です。
最初からその事業の見直しをした方が良いでしょう。

再申請して融資実行の可能性のある場合

 

  • ○ 事業そのものは悪くは無いのだけれど、資金計画がイマイチ不明瞭である。
  • ○ 自己資金が少し足りない場合、それに合わせた資金計画変更ができる
  • ○ その事業の経験者のフォローが確実に見込めるようになった
  • ○ 収支計画が不明瞭だったのが、十分に説明できるものになった。

 
と言う場合です。

6ヶ月待たなくても再申請できる可能性があります

一度目に断られる時に、担当者から「ここが良くなれば融資が可能なのですが・・・」
などと言われた場合には充分に再申請に値します。
また、6ケ月待たなくとも再申請に答えてくれる場合もよくありますので、なんで断られたのかを良く把握してご自身の事業を見つめなおしてください。
 
その結果により、もう一度チャンスが巡ってきます。

 

 

 ※ もっといろんな情報を知ってから、という方 → パソコンの方は右サイドの、スマホの方は下のメニュー一覧の中からお知りになりたい項目をクリックください