日本政策金融公庫の創業融資の自己資金は見せ金でもOKなのか?

 
 
飲食業・美容院・接骨院・一般企業の新規開業・開店サポート

日本政策金融公庫の創業資金の 融資
全国対応

お問合せ
岩崎税理士事務所
無料電話相談 
神戸 078-392-8277
受付 平日 9:00~17:30 
まずは今すぐお電話を!
全国対応

無料相談をする理由

 

自己資金は見せ金でもOKなのか?日本政策金融公庫の創業融資

見せ金について

 

出所がはっきりしないお金は、自己資金になりません

見せ金とは、実際には自分のお金では無いのに、一時的に預金通帳に載せたお金のことです。
 
欲しい金額の融資を受けるには自己資金が足りない場合に一時的に消費者金融などから借りてきて、預金通帳に載せる訳です。
そうすれば自己資金が一時的にせよ増額できる事になります。
 
ただし、実際にはそうはいきません。
出所がはっきりしないお金は「日本政策金融公庫」でも「保証協会」でも自己資金として認めてもらえません。

証明ができない限り、自己資金と認められない

ではタンス預金はどうでしょうか?
本当に銀行などに預けずにタンス預金をしているという場合もあるでしょう。
ですが、この場合も認めてもらえない可能性が高いでしょう。
本当にご自分で貯めたお金であっても、その証明ができない限り見せ金と疑われても仕方のない事なのです。

「もらったお金」・「自分の財産を売ったお金」の場合

では親などからの資金援助された場合はどうでしょう?
このような場合には、親などの口座から振り込んでもらうなどとして、お金の出所をはっきりさせれば自己資金とみてもらえます。
ただし、将来に返す必要があるお金は自己資金としてみてもらえません。
あくまで「もらったお金」でなければいけません。
 
自分の財産を処分して自己資金に加えたような場合は「売買契約書」を用意して、お金の出所の証明ができるようにします。
まずは「見せ金」と疑われないようにすることが大事なのです。

 

 

 ※ もっといろんな情報を知ってから、という方 → パソコンの方は右サイドの、スマホの方は下のメニュー一覧の中からお知りになりたい項目をクリックください