「事業の見通し」日本政策金融公庫の創業計画書の中の収支計画表の書き方

 
 
飲食業・美容院・接骨院・一般企業の新規開業・開店サポート

日本政策金融公庫の創業資金の 融資
全国対応

お問合せ
岩崎税理士事務所
無料電話相談 
神戸 078-392-8277
受付 平日 9:00~17:30 
まずは今すぐお電話を!
全国対応

無料相談をする理由

 

事業の見通しの書き方 日本政策金融公庫の創業計画書の中の収支計画表

収支計画表

 
事業の見通し

【6.事業の見通し】

収支計画書は夢物語ではいけません

収支計画書とは、これからの事業の売り上げ予測のことです。
当然、あくまで予測ですから自由に書く事ができます。
しかし、その売り上げ予測の根拠となる数字が説得力が無ければいけません。
 
あまり夢物語を書いてはダメだと言う事です。


収支計画書で本気度がわかる

その事業にどれだけ精通しているのか、どれだけ動向を把握しているのかが問われます。
 
飲食店であれば・・・

  • ●どういう客層を対象にして客単価を設定しているのか?
  • ●どれだけの来客数を想定しているのか?
  • ●それに対応するスタッフは何人必要なのか?
  • ●席数は適当であるのか?

 
「日本政策金融公庫」にしろ「保証協会」にしろ、担当する相手はあらゆる業種をわかっているわけではありません。
 
しかし、彼らは書類を見るプロです。
出してきた数字であなたの事業に対する本気度がわかるのです。
そしてお金を貸す立場からすると、その事業に本気である事、そして詳しくマーケティングしている人に貸したくなるのは当たり前ですね。
ですから収支計画書が大事になってきます。
 
あなたがどれだけ本気で、どれだけ準備をしてきたのかが、ここでわかります。

 

 

 ※ もっといろんな情報を知ってから、という方 → パソコンの方は右サイドの、スマホの方は下のメニュー一覧の中からお知りになりたい項目をクリックください