美容室の事業計画をどう立てるか?美容院の収支計画をどう作るか?

 
 
飲食業・美容院・接骨院・一般企業の新規開業・開店サポート

日本政策金融公庫の創業資金の 融資
全国対応

お問合せ
岩崎税理士事務所
無料電話相談 
神戸 078-392-8277
受付 平日 9:00~17:30 
まずは今すぐお電話を!
全国対応

無料相談をする理由

  

美容室の事業計画 美容院の収支計画

美容院の事業計画書

  • HOME
  • >
  • 美容室開業のお金のこと
  • >
  • 美容院の事業計画書
 

お店は「好きだから」だけでは続けられません。
行き当たりばったりに、「開店してしまえば何とかなる」という考え方や、どんぶり勘定をしていては、直ぐに立ち行かなくなります。
 
お店を経営するということは、「一流の技術者」であるだけではダメ。

オーナーであり経営者であるという十分な覚悟をもって臨むべきです。
 
事業計画を立て、夢物語でなく、現実化できる裏づけを集め、あらゆるリスクに備えます。
事業計画書の書式は特に決まったものはありませんが、誰が見ても分かりやすく、「このサロンは成功しそうだ」と思えるようなものにします。
 
一般的には次の3項目についてまとめていきます。

◆サロンの全体概要

あなたのサロンはどこに、スタッフは何人、サービス内容はどんなもの? といった、サロンの概要をまとめます。

  • 立地
  • 広さ
  • 美容院:セット面とシャンプー台の数、サロン:施術ベッド数
  • スタッフ構成
  • 内装イメージ
  • 営業時間・定休日
  • メニュー内容と価格
  • サービス内容
  • サロン名

◆収支計画書

経営をしていくにあたって、どんぶり勘定ではいけません。
開業前にある程度、収支予測を立てておく必要があります。

  • 資金調達計画
  • 初期投資費用計画
  • 月次収支計画
  • 年間収支計画
  • キャッシュフロー表(資金繰り計画)

利益=収入(月間売上)-支出(月間支払額)
収入=平均客単価×1日の来店客数×営業日数

 
 

◆オープンまでのスケジュール

スケジュールを作成することで、オープンまでに必要な手続き・やるべきことの漏れをなくし、開業に向かって計画的に進めることができます。

  • オープンの時期
  • 準備・打ち合わせ期間
  • 内装工事期間
  • トレーニング期間

 
以上のように、必要な情報が記載されていれば、1~3ページ程でも十分です。
とにかく、事業計画書をまとめてみましょう。

 

 

  

これは、美容室の事業計画および美容院の収支計画のページです